作品集

HOME > 出版物の一例

出版物の一例 文芸・エッセイ

小説、俳句、詩歌、エッセイ、自伝など自らの感性を自分の言葉で綴り、表現した作品たち。

骨太の学び 21世紀を働きぬく君たちへ

作者名 奥村直樹
定価 本体1,400円(税込1,540円)
サイズ・ページ B6判並製 243ページ
ISBNコード 978-4-87398-164-2
作品内容

これから就職活動を始めようとする若者たちへおくるアドバイス。学生時代に学んだ知識や経験だけでその後の職業人生を全うできるわけではなく、学生時代に学ぶべきなのはむしろ「学習の仕方」である。

異聞 渡辺崋山伝

作者名 森屋 源蔵
定価 本体2,000円(税込2,200円)
サイズ・ページ B6判並製 457ページ
ISBNコード 978-4-87398-160-4
作品内容

江戸時代後期の三河国田原藩家老、画家、蘭学者渡辺崋山の半生を描いた歴史小説。

講談で知る宮城の伝説

作者名 村田 琴之介
定価 本体1,000円(税込1,100円)
サイズ・ページ A5判並製 139ページ
ISBNコード 978-4-87398-162-8
作品内容

講談師村田琴之介の「講談で知る宮城」第2弾。
伊達政宗毒殺未遂事件と「白萩文書」、サンドウィッチマン伊達みきおさんの先祖が将軍家からの養子を阻止した話、白石城下での娘二人の仇討ち、そして2013年日本シリーズ第7戦!など宮城県を舞台にした伝説を10篇を集録。

仙台ジャズ物語 楽都仙台と日本のジャズ史

作者名 岡本 勝壽
定価 本体1,500円(税込1,650円)
サイズ・ページ A4判 137ページ
ISBNコード 978-4-87398-158-1
作品内容

ジャズという音楽文化と仙台の関わりを紹介した『楽都仙台と日本のジャズ史展(2019年~2022年)』を書籍化。明治・大正・昭和の仙台の街の発展や当時の記録、関係者の証言、偉大なジャズ・プレーヤーの逸話などを通して、「ジャズの街」仙台の魅力を伝える。ジャズを通した仙台の街の歴史の貴重な記録。

芭蕉は岩出山を目指した

作者名 高橋 直典
定価 本体1,500円(税込1,650円)
サイズ・ページ A5判並製 113ページ
ISBNコード 9784-87398-156-7
作品内容

「おくのほそ道」についての謎――なぜ岩出山が「おくのほそ道」の後半のスタート地点とされるのか?一関から岩出山までの距離を本当に1日で移動できたのか?山形での謎の長逗留の理由は?発表する予定もないのに推敲に推敲を重ねていた理由は?etc…「おくのほそ道」についての謎が芭蕉と、ある人物との関係から解き明かされる。

出版物の一例

自費出版されたお客様の作品をジャンル別にご紹介しております。

★の本は電子書籍版もございます。

学校関係帳簿など

各種承っております。

ご注文はこちらから

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014 Ykinkodo. All Rights Reserved.